アミノ酸にはビタミンが大事

この記事は、動画でも確認できます!↓

プロテインの筋力アップには、補酵素のビタミンが必要

たんぱく質だけでは、筋肉の合成は行われません。

補酵素の働きが重要になります。

たんぱく質の合成や分解に主に働く補酵素は、ビタミンB6です。

その働きや、多く含まれる食事を解説します。

 

ビタミンの特徴

ビタミンは、脂溶性ビタミンと、水溶性ビタミンに分けられています。

脂溶性ビタミンは熱に強いので、焼いたり炒めたりしても変性しにくいです。

一方、水溶性ビタミンは熱に弱いため、調理方法によっては失われてしまいます。

たんぱく質(アミノ酸)に働くビタミンは、主に水溶性ビタミンとなります。

一番重要だと考えられているのは、ビタミンB6です。

 

ビタミンB6とアミノ酸

ビタミンB6は、たんぱく質分解と、たんぱく質再合成に必要なビタミンです。

そのため、たんぱく質摂取量が増えると、その分多くのビタミンB6が必要になります。

ビタミンB6は、体内に貯留することが出来ないので、食事から補給するしかありません。

プロテインを1日2回飲んでいる方は、ビタミンB6を意識した食事を心がけましょう。

 

ビタミンB6が豊富な食物

ビタミンB6の1日目標摂取量は、約1.0~1.4mgです。

牛レバーやキハダマグロ、紅サケ、ニンニク、バナナは、ビタミンB6が豊富です。

しかし、ビタミンB6は水溶性ビタミンなので、熱に弱いです。

魚類は刺身がおススメですが、日持ちしません。

バナナが手軽に取れるので良いと思います。

 

たんぱく質とビタミンまとめ

 

プロテインを飲む方は、補酵素であるビタミンB6を意識して摂取しましょう。

もっとビタミンについて詳しく知りたい方はこちら

 

たった1週間でプロテインマスターに!

プロテインが続かない理由が分かります。これまでの研究と研鑽を詰め込んだテキストを無料公開。今ならクーポン券もついてくる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です