カルシウム

たんぱく質を摂取すると、カルシウムが失われる

プロテインを飲むなら、カルシウムも摂ってね!というお話です。

プロテインを選ぶ方は、たんぱく質含有量とその費用対効果を気にして購入される方が多いと思います。

しかし、栄養はバランスが大事なので、たんぱく質だけに偏るのは良くありません。

今回は、たんぱく質とカルシウムの関係について解説していきます。

 

カルシウムの役割とたんぱく質

カルシウムは、骨に99%貯蔵されています。

必要に応じ、骨を破壊して血液中にカルシウムを補充するという仕組みです。

このカルシウム代謝には、ビタミンやホルモンが複雑に関与しています。

成長ホルモンは軟骨の発達を促し、骨の長径の発達を促進させます。

身長を伸ばすために成長ホルモンが必要と言われる所以です。

ビタミンAは骨の成長軟骨に作用して、骨の成長を助けます。

ビタミンDは、カルシウムの代謝に必要です。

ビタミンCは、骨のコラーゲン(たんぱく質)合成に関与します。

 

また、カルシウムは、筋肉にも関連しています。

筋肉が収縮(力を入れる)する時は、カルシウムイオンが筋肉(筋小胞体)へ取り込まれます。

筋肉が弛緩(力を抜く)する時は、カルシウムイオンが筋肉から放出されます。

詳しい事は別の回でお話しますが、このようにカルシウムは筋肉との関係も大きいです。

 

カルシウムの出入り

 

人間のカルシウム濃度は、一定に保たれています。

骨からカルシウムを調整したり、腎臓から再吸収したりして、濃度を保っています。

たんぱく質を過剰に摂取すると、腎臓から尿中へカルシウムが排出される量が増えてきます。

カルシウムの排出量が増えても、小腸から吸収されるカルシウムの量は変化しない事も分かっています。

そうしますと、体内のカルシウム量は減少するため、カルシウム銀行の骨からカルシウムを引き出す必要があります。

その結果、骨が減ってくるという結果になります。

多少たんぱく質摂取してカルシウムが減少した所で、身体に影響はありませんし、すぐに濃度を一定に保つことができます。

しかし、これを毎日続けていると、よくありません。

なので、プロテインを飲む方は、カルシウムも摂るように心掛けた方が良いです。

カルシウムまとめ

 

 

たった1週間でプロテインマスターに!

プロテインが続かない理由が分かります。これまでの研究と研鑽を詰め込んだテキストを無料公開。今ならクーポン券もついてくる!

カルシウム” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

イソロイシン