アルギニン

この記事は、動画でも確認できます。

アルギニンは身長に重要か

プロテインを飲むと身長が止まると考えられていますが、

一方で、身長を伸ばすアルギニンもプロテインには含まれています。

身長はお金を積んででも欲しいもの。

多くのサプリメントで身長を得ようとしますが、どこまで効果があるのか不明です。

特に最近はアルギニン配合のサプリメントを多く見かけます。

アルギニンが身長を伸ばすメカニズムと、その真偽について、解説していきます。

 

ホエイのアミノ酸スコア

ホエイプロテインには、アルギニンが約2-3%含まれています。

アルギニンは非必須アミノ酸ですが、小児では必須アミノ酸となります。

 

アルギニンの作用

アルギニンは、免疫増強作用と内分泌への作用が分かっています。

アルギニンは一酸化窒素(NO)を合成し、免疫を増強させます。

NOは病原体殺菌作用、サイトカイン産生、マクロファージの活性化が高まります。

また、アルギニンはT細胞の免疫機能を改善、NF-κBの活性化維持への関わりもあり、創傷治癒の改善にも関与しています。

内分泌作用として、成長ホルモンの分泌促進があります。

 

アルギニンと身長

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促すため、身長を高くする作用があると言われています。

肝臓に到達した成長ホルモンは、ソマトメジンC(IGF−I)という成長因子の合成と分泌を促し、これが血液内に分泌されて骨端線に到達します。

骨端線に到達したソマトメジンCは、軟骨細胞の細胞分裂を活性化して骨を縦方向に伸ばして、骨が伸びて身長が高くなります。

身長を伸ばす要因については諸説あります。

  • 睡眠をとる
  • 睡眠の質を改善する
  • カルシウムをとる
  • たんぱく質をとる
  • アルギニンをとる
  • 炭酸や清涼飲料水を飲まない

しかし、本当にアルギニンを摂取すれば身長が伸びるのでしょうか?

成長ホルモンとアルギニン

アルギニン ⇒ 成長ホルモン分泌は理解されていますが、口からアルギニン(もしくはプロテイン)を摂取して、成長ホルモンの分泌が増えるかは不明です。

成長ホルモンを調べる検査では、体重×0.5gのアルギニンを静脈注射します。

このアルギニン量を口から摂取しようとすれば、かなり大変です。

というより、小腸からそんなに吸収できません。。。

成長にアルギニンは必要ですが、サプリメントだけで身長を伸ばすのは困難だと言えます。

やはり、バランスの良い食事、質の高い睡眠、カルシウムの摂取が重要だと考えられます。

プロテイン塾のアルギニンまとめ

参考文献
佐野創一. 身長を伸ばす要因に関する統計的分析.
深柄和彦. Immunonutrientsの作用機序. 静脈経腸栄養22(3). 2007.
岸恭一. アミノ酸にダイエット効果を期待できるか?四国医誌58(4‐5); pp189-192. 2002.

 

 

 

たった1週間でプロテインマスターを目指すマニュアル

これまでの研究と研鑽を詰め込んだプロテインメソッドが学べる特別メルマガが今なら無料。さらに、プロテインクーポン券もGET。全て無料のお得なメルマガとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です