筋肉分解を意識せよ

この記事は、動画でも確認可能です↓

ホエイプロテインは、筋肉の分解を防ぐ目的で飲むべき

カタボリックとは、筋肉の分解が促進し、筋肉が小さくなる現象を言います。筋肉は増えるだけでなく、反対の減るも同時に起こっているのです。

筋肉の増える、減るのメカニズムと、ホエイプロテインの上手な付き合い方を解説します。

 

筋肉は、合成と分解を繰り返している

筋肉の増えるを同化作用、減るを異化作用と呼びます。同化作用は、食事やホエイプロテインを飲んだ時に起こります。反対に、異化作用は空腹時に起こります。

年齢を重ねると、同化作用<異化作用となり、筋肉減少が起こりやすくなります。これを、サルコペニアと呼びます。

 

筋肉とアミノ酸代謝

同化作用と異化作用の起こるメカニズムを解説します。

まず、食事やホエイプロテインを摂取すると、分解されてアミン酸となり、小腸より吸収されます。アミノ酸は肝臓で代謝され、血液へ運ばれます。

血液中にあるアミノ酸の濃さを、「血中アミノ酸濃度」と呼びます。

血液中にアミノ酸が豊富に存在する場合、すなわち血中アミノ酸濃度が高い場合には、アミノ酸は筋細胞に運ばれ、筋肉で代謝されます。これが同化作用です。

一方で、血液中にアミノ酸が少ない場合、すなわち、血中アミノ酸濃度が低い場合には、筋細胞からアミノ酸を血液中に戻す働きが起こります。これが異化作用です。

 

カタボリックを減らす

異化作用を減らすためには、常に血中アミノ酸濃度を高く保つ必要があります。

血中アミノ酸濃度は、空腹時や筋トレしてアミノ酸を消費した際に低くなります。

これを予防するために、ホエイプロテインの摂取が有効なのです。

空腹時の血中アミノ酸濃度低下を予防するためには、朝10時と昼3時ころにホエイプロテインを摂りましょう。

筋トレを行う場合は、筋トレ後30分以内も忘れずに摂取して下さい。

 

カタボリック予防まとめ

 

筋肉は、アナボリック(増やす)とカタボリック(減る)を意識する事が重要で、そのためにホエイプロテインは有用だと考えています。

たった1週間でプロテインマスターを目指すマニュアル

これまでの研究と研鑽を詰め込んだプロテインメソッドが学べる特別メルマガが今なら無料。さらに、プロテインクーポン券もGET。全て無料のお得なメルマガとなっています。