腎臓リスクの真実

この記事は、動画でも確認できます↓

プロテインが腎臓を悪くする説は否定されている

プロテインに対する世間のイメージが事実とズレているという投稿を何度もしておりますが、

その代表例の一つが、

「プロテインは腎臓に悪いらしいよー!」です。

プロテインはタンパク質なので、このご意見は、たんぱく質は腎臓に悪いという事になります。

これには大きな落とし穴がありますので、順を追ってご説明します。

 

プロテインと腎臓

腎臓の役割の一つに、たんぱく質を体内へ戻す働きがあります。

腎臓は、不要な物質を尿へ排泄する、必要な物質は体内へ再び戻すという振り分けを行っています。

たんぱく質も同様で、割と大きいたんぱく質は体内へ戻すよう、サイズバリアを張っています。

腎臓が悪くなると、このサイズバリアも崩壊し、たんぱく質が尿へ漏れだしてしまうのです。

すると、体内のたんぱく質が減ってしまいます。

この状態(腎臓の病気)が進行しますと、不足したたんぱく質を補うために、筋肉や皮膚のたんぱく質を分解する異化作用が起こります。

腎臓は、たんぱく質を保つ最期の砦です。

 

腎機能障害のリスク

腎臓は、生活習慣病との関連が深いです。

生活習慣の乱れが、腎臓病のリスクに繋がります。

浮腫みや夜間のトイレが近くなってきたら、要注意ですね。

 

プロテインの腎臓リスク

プロテインを飲む事で腎臓が悪くなる根拠は、論文で否定されています。

プロテインを飲むと腎臓が悪くなると思われますが、

糖質や脂質の方が遥かに腎臓病のリスクを高めます。

私達日本人は、基本的に糖質過多の、たんぱく質不足です。

たんぱく質をプロテインで摂取したとして、腎機能の崩壊を起こすような量を摂取できるとは思えません。

ただし、腎臓病をお持ちの方、腎臓病が進行されている方が積極的にプロテイン(たんぱく質)を摂る事はオススメしません。

腎臓病の食事は、低たんぱく食です。

プロテインが腎臓を悪くするのではなく、腎臓の悪い方はプロテインの摂りすぎに注意しましょう!

プロテインの腎臓リスクまとめ

 

たった1週間でプロテインマスターに!

プロテインが続かない理由が分かります。これまでの研究と研鑽を詰め込んだテキストを無料公開。今ならクーポン券もついてくる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

肝臓のリスク

次の記事

グルタミン酸